関東礦油株式会社 KANTO KOYU CO.,LTD.

会社概要

会社概要

社 名 関東礦油株式会社
創 立 昭和5年(設立:昭和11年10月1日)
代表者 取締役社長 山田郁夫
事業内容 石油、液化石油ガス、石油化学製品の販売および生命・損害保険代理店業務、中古車の販売、レンタカー事業、太陽光発電事業
本 社 東京都港区芝大門2-1-16 芝大門MFビル
TEL 03-3434-6311(代)
支 店 高崎支店:群馬県高崎市倉賀野2439 TEL 027-346-2556(代)
茨城支店:茨城県水戸市城南2-5-45-202 TEL 029-302-7132
サービスショップ 東京、群馬、神奈川、千葉、埼玉、茨城の各都府県(57ケ所)
資本金 7,700万円
売上高 405億2056万円(平成26年3月)
従業員数 181名(男173名、女8名)
子会社 株式会社コウショウ
群馬県高崎市倉賀野町2439 TEL 0273(47)2382

 

沿革

昭和 5年 東京市四谷区麹町13丁目において関東礦油商会として発足
昭和11年10月 資本金10万円をもって株式会社に改組
昭和21年11月 日本橋室町三和ビルにて業務再開
昭和24年 1月
4月
油糧配給公団の指定販売店となる
石油配給公団の解散に伴い元売会社昭和石油(株)の特約販売店となり、本格的な営業活動にはいる
昭和30年10月 本社を港区浜松町2-4-21の渡辺ビルに移す
昭和31年 4月
7月
資本金750万円に増資
昭和四日市石油(株)四日市製油所建設とともに、同市に子会社鈴鹿産業(株)設立
昭和37年 4月 資本金2000万円に増資
昭和38年 1月 北関東の重要拠点高崎に内陸基地として大規模な油槽所を建設
昭和45年10月 資本金4500万円に増資
昭和50年 7月 群馬県吾妻郡長野原町に子会社西部礦油(株)を設立
昭和51年10月 資本金8000万円に増資
昭和52年 9月 都内に子会社エスワン石油(株)を設立
昭和61年 4月 子会社(株)コウショウ設立
昭和61年10月 設立50周年記念祝賀会
昭和61年12月 「関東礦油50年史」刊行
昭和61年12月 エスワン石油(株)を(株)キャラバンに商号変更、コンビニエンスストア分野へ事業進出
昭和シェル傘下では第1号のSS併設店として東金店を開店
平成 9年 7月 鈴鹿産業(株)と合併
平成12年12月 茨城県稲葉石油の8給油所の運営を継承する
平成16年12月 直売部門を分離し、昭石商事と新会社に合併統合(関東礦油エネルギー株式会社)
平成21年10月 大昭石油(株)を(株)関東礦油ホームエナジーに商号変更、ヤハタ石油(株)が(株)関東礦油ホームエナジーに吸収合併
平成25年3月 本社を港区芝大門2-1-16 芝大門MFビルに移す
平成26年8月 太陽光発電事業を開始